注目をあつめるヴィンテージ腕時計

シードゥエラー アンティークと買取価格

1960年代から続く深海への挑戦の積み重ねにより、1967年に登場したシードゥエラー。ケース内の気圧を調整する、ヘリウム排出バルブが搭載された独自のオイスターケースによって、610Mもの防水性能を実現するなど、プロダイバーに向け、高いスペックを持ち合わせたシリーズです。 初期のモデルにみられる、赤シード、コメックス、センタースプリット等の希少なダイヤルのモデルはコレクターに人気が高く、高額で取引が行われます。

アンティーク ロレックス

シードゥエラー 買取価格

  • 最新更新日
  • 2020年10月8日
  • ロレックス シードゥエラー 1665
    ロレックス
    シードゥエラー 赤シード
    ref.1665

    ロレックス買取り相場価格

    ~3,200,000
  • ロレックス シードゥエラー 16660
    ロレックス
    シードゥエラー
    ref.16660

    ロレックス買取り相場価格

    ~750,000

いますぐ無料査定

モデル別の解説

シードゥエラー アンティーク

シードゥエラーref1665買取り

シードゥエラー

ref.1665

1967年頃~1980年頃 プロダイバーにむけて登場した、最初のシードゥエラーref.1665。 ムーブメントはクロノメーター規格のCal.1570を搭載。 「ヘリウムガスエスケープバルブ」の搭載により防水性能は610m 裏蓋には、「ROLEX PATENT OYSTER GAS ESCAPE VALVE」と刻印がされる。 ケース内の気圧変化に耐えるようサイクロップレンズは非搭載となっている。 クロノメーター表記が中央で別れた「レイルダイヤル」、マーク1~4までパターンが確認されている「赤シード」は、希少性が高く、高額で取引が行われる。中でもマーク1の流通量が少ない。

シードゥエラーref16660買取り

シードゥエラー

ref.16660

1978年頃~1991年頃 1978年登場のシードゥエラーのセカンドモデルとなるref.16660。 ムーブメントはクロノメーター規格で、クイックチェンジ機能を設けたCal.3035を搭載。 サファイアクリスタル風防の採用、ヘリウムガス・エスケープバルブの大型化によって1220m防水を実現した。 1985年頃にインデックスにシルバーの縁取りがつけられたことで、前期の「フチなし」インデックスに人気が集まる。

ロレックスアンティークの買取価格・売却時期の相談など

仮査定のご依頼、ご売却の相談はこちらから

は入力必須項目です

携帯メールの場合は「altomare.co.jp」のドメインを受信できるよう、設定して下さい。

査定したい時計が複数本ある場合はこちらにご入力ください