注目をあつめるヴィンテージ腕時計

アンティークエクスプローラー1と買取り価格

1930年代、ロレックスは多くのヒマラヤ探検隊に腕時計の提供、そのフィードバックによって、精度・堅牢性へのチャレンジを続た。1953年、オイスターパーペチュアルを携えた登山家のエドモント・ヒラリーとテンジン・ノルゲイが、エベレスト登頂に成功。これをたたえ同年、エクスプローラー1が登場した。

アンティーク ROLEX

エクスプローラー1 買取価格

  • 最新更新日
  • 2021年4月7日
  • ROLEXエクスプローラー1ref.1016
    ロレックス
    エクスプローラー
    ref.1016

    エクスプローラー1買取り相場価格

    130万円
  • ROLEXエクスプローラー1ref.6610
    ロレックス
    エクスプローラー
    ref.6610

    エクスプローラー1買取り相場価格

    180万円

いますぐ無料査定

モデル別の解説

エクスプローラー1 アンティーク


											
											エクスプローラーref.rol_6610
											
											買取り

エクスプローラー

ref.6610 ref.6350 ref.6150

1953年から1960年代 エクスプローラーとして初めてカタログ掲載が確認されているRef.6350。登場初期は様々なバリエーションが確認されている。ムーブメントはクロノメーター規格のCal.A296を搭載し、ケースはセミバブルバックとなっている。後にフラッシュバックケースのRef.6610が登場。ダイヤルはミラーダイヤルで、サークルラインにゴールドカラーの針、インデックスが特徴。ムーブメントは、世界初の両方向回転式のCal.1030を搭載した。ペンシルハンド、秒針先端ドット、ダイヤルのギョーシェ仕上げリューズの王冠マーク下に+マークが入るのも特徴となっている。


											
											エクスプローラーref.rol_6298
											
											買取り

エクスプローラー

ref.6298 ref.6299

1950年頃 エクスプローラーのファーストと目されるref.6298ムーブメントはクロノメーター規格のCal.A296を搭載し、ケースはセミバブルバックとなっている。幻の時計といっても過言ではない。


											
											エクスプローラーref.rol_5500
											
											買取り

エクスプローラー

ref.5500

1950年代後半から1970年代 エクスプローラーIにのみ存在するボーイズモデル。既にエアキングとして登場していたRef.5500をベースにEXPLORERの表記が加えられもので、ノンクロノメーター規格となっている。通称「エクスプローラーボーイズ」などと呼ばれるイギリスをメインに駐留していた極東や中東のN.A.A.F.I(陸海空軍厚生機関)などで扱われていたとされる。そのことから、ミリタリーウォッチとしてカテゴライズされることがある。ダイヤル6時位置に「PRECISION」、「SUPER PRECISION」の表記されるモデルが確認されている。


											
											エクスプローラーref.rol_1016
											
											買取り

エクスプローラー

ref.1016

1963年~1988年 「369インデックス、ノンデイト」スタイルを確立した第3世代とされるref.1016。20年以上にわたる、ロングセラーモデルであり前期エクスプローラーはノンハックのCal.1560、Cal.1570を搭載。後期の70年代に入ってからは、ハック機能をもったCal.1570が搭載されるようになった。前期のモデルには、ミラー、ミニッツサークルなどのダイヤルが見られる。生産終了間際の最終シリアルがRやLナンバーは、非常にレアモデルとされ、現在でも高値相場となってる。3針の自動巻きムーブメントとして、当時の最高傑作。


											
											エクスプローラーref.rol_14270
											
											買取り

エクスプローラー

ref.14270

1990年~2001年 当時の最先端技術を投入した高振動自動巻きムーブメントCal.3000を搭載。風防は強化プラスチックからサファイアクリスタルへ変更となりダイヤルやインデックスについてもブラッシュアップが図られている。95年放送のテレビドラマで、主人公が着用していたことをきっかけに、国内での人気が過熱した。初期生産分の「E~、X~」で始まるシリアルには、インデックスの369に白いラインがない個体・ラインが黒い個体、またダイヤルのレターがシルバーの個体が存在し、レアモデルとなっている。

ロレックスアンティークの買取価格・売却時期の相談など

エクスプローラー1 買取、ご売却はこちらから

は入力必須項目です

携帯メールの場合は「altomare.co.jp」のドメインを受信できるよう、設定して下さい。

査定したい時計が複数本ある場合はこちらにご入力ください