注目をあつめるヴィンテージ腕時計

アンティークカラトラバ 高価買取となっているモデル

1932年に登場したカラトラバ。ドイツの芸術運動バウハウスに直接のインスピレーションを受け“機能がフォルムを決定する”という哲学を体現し続けている。ラウンドケースの時計が持つ、シンプルで流行に左右されない完璧さは、パテック フィリップのスタイルを象徴している。

ヴィンテージパテック・フィリップ参考買取価格

カラトラバ アンティーク 買取相場

  • 最新更新日
  • 2018年5月1日
  • パテック・フィリップ カラトラバ96
    パテック・フィリップ
    アンティーク
    カラトラバ
    ref.96

    パテック・フィリップ買取り強化中!

    ~85万円
  • パテック・フィリップ カラトラバ570
    パテック・フィリップ
    アンティーク
    カラトラバ
    ref.570

    パテック・フィリップ買取り強化中!

    ~150万円
  • パテック・フィリップ カラトラバ2508
    パテック・フィリップ
    アンティーク
    カラトラバ
    ref.2508

    パテック・フィリップ買取り強化中!

    ~ASK
  • パテック・フィリップ カラトラバ3445
    パテック・フィリップ
    アンティーク
    カラトラバ
    ref.3445

    パテック・フィリップ買取り強化中!

    ~120万円

いますぐ無料査定

モデル別の解説

カラトラバ

******

カラトラバ

ref.96

1932年に発表されたカラトラバの第一号、ref.96。昨今の時計と比較をすると小ぶりに思える31mm ケース。
バーインデックスに、ドットのミニッツ表記、ドルフィンハンドというシンプルながら洗練された意匠は、すべてのカラトラバの顔となった。 前期と後期でラグの形状が異なり、後期の方が太く頑丈に設計されている。 イエローゴールド、ステンレス、ローズ、 ホワイトゴールド、プラチナモデルが展開された。

******

カラトラバ

ref.570

1940年~1970年頃まで製造 ビッグカラトラバといわれる、当時としては大きめの35mmケースを採用したモデル。 ムーブメントはCal.27SCの採用が見られる。
現在でもアンティークカラトラバでは1位・2位を争う人気となっている。

******

カラトラバ

ref.2508 ref.2555

アメリカ市場の要求に応える形で製造された、精巧なスクリューバックし仕様のカラトラバ。
インデックスのバリエーションが増え、バーインデックスに加え、くさび形インデックスが多くみられる。他にもピラミッドやアラビックなどが見られる。 35mmケース。

******

カラトラバ

ref.3445 ref.3403 ref.3439

カラトラバオート。ムーブはCal.12-600ATを薄型、軽量化した、Cal.27-460Mを搭載。[M]は日付表示を表す。自動巻ムーブメント、最高峰の1つ。
最初の自社製ムーブメントと比べると、ローラーを薄くするために7個のベアリングにより巻き上げ効率を上げ、薄くすることで軸にかかる負荷を軽減した。 現行と比較して、各ブリッジがしっかりと、且つ美しく配置され、仕上も丁寧で物作りの手間を感じ取れる。 35mmケース。

パテック・フィリップアンティークの買取価格・売却時期の相談など

仮査定のご依頼、ご売却の相談はこちらから

は入力必須項目です

携帯メールの場合は「altomare.co.jp」のドメインを受信できるよう、設定して下さい。

査定したい時計が複数本ある場合はこちらにご入力ください