注目をあつめるヴィンテージ腕時計

アンティークオーデマピゲ 高価買取となっているロイヤルオーク

1972年、高級時計として初のステンレス素材を用いたスポーツウォッチ、ロイヤルオークが誕生した。エッジの立った重厚なデザインは、後にノーチラスをデザインするジェラルド・ジェンタの手によるもの。 ステンレスでありながら高額な価格設定で、当初は市場から受け入れられなかったものの、徐々に人気が高まりラグジュアリー・スポーツというジャンルを確立した。

ヴィンテージオーデマピゲ参考買取価格

ロイヤルオーク アンティーク 買取相場

  • 最新更新日
  • 2018年5月1日
  • オーデマピゲ ロイヤルオーク5402ST
    オーデマピゲ
    ロイヤルオークアンティーク
    ref.5402ST

    オーデマピゲ買取り強化中!

    ~650万円

いますぐ無料査定

モデル別の解説

ロイヤルオーク アンティーク

******

ロイヤルオーク

ref.5402ST

秒針が無い初期シリーズであり、初代ロイヤルオークである 5402ST 通称“ジャンボ"。 生産量は少なく今では中々見かけられないレアモデル 。現在ではよく認知されている6時位置のAPロゴも、ジェンタによってデザインされた。

その他 オメガ、オーデマピゲなどアンティークの買取価格・売却時期の相談など

仮査定のご依頼、ご売却の相談はこちらから

は入力必須項目です

携帯メールの場合は「altomare.co.jp」のドメインを受信できるよう、設定して下さい。

査定したい時計が複数本ある場合はこちらにご入力ください