注目をあつめるヴィンテージ腕時計

アンティークオメガ 高価買取となっているスピードマスター

1962年より、オメガは宇宙への挑戦を続けた。1969年7月、スピードマスターが世界ではじめて月で着用された時計となった。以降、ムーンウォッチの愛称で親しまれる。

ヴィンテージオメガ参考買取価格

スピードマスター アンティーク 買取相場

  • 最新更新日
  • 2018年5月1日
  • スピードマスターST2998
    オメガ
    スピードマスターアンティーク
    ref.ST2998

    オメガ買取り強化中!

    ~180万円

いますぐ無料査定

モデル別の解説

スピードマスター アンティーク

******

スピードマスター

ref.ST2998(2nd)

1957年に発表されたスピードマスター。2ndモデルは絶対数が少ない希少アイテム。 特徴としては リュウズガードが無い、またストレートラグのケース、アップライトのオメガマーク、プロフェッショナル表記なしという特徴と合わせて、時分針のドルフィンハンドが外観の大きな特徴となる。

その他 オメガ、オーデマピゲなどアンティークの買取価格・売却時期の相談など

仮査定のご依頼、ご売却の相談はこちらから

は入力必須項目です

携帯メールの場合は「altomare.co.jp」のドメインを受信できるよう、設定して下さい。

査定したい時計が複数本ある場合はこちらにご入力ください